コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超小型衛星 チョウコガタエイセイ

2件 の用語解説(超小型衛星の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうこがた‐えいせい〔テウこがたヱイセイ〕【超小型衛星】

超小型の人工衛星。おおむね10キログラム以下のものを指し、なかには1キログラム程度のものもある。小型衛星と厳密な区別はない。いずれも開発期間が短く、開発費用が安いという利点がある。他の大型の人工衛星とともにピギーバック輸送で打ち上げられることが多い。電子部品などの小型化・高性能化にともない、2000年前後から、大学や研究機関が教育を目的として開発したり、ベンチャー企業が参加したりするようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超小型衛星の関連キーワードキログラム重エアログラムキラー衛星瓩米原子炉衛星国際キログラム原器重力キログラム人工衛星保険子衛星

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超小型衛星の関連情報