コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超小型衛星 チョウコガタエイセイ

デジタル大辞泉の解説

ちょうこがた‐えいせい〔テウこがたヱイセイ〕【超小型衛星】

超小型の人工衛星。おおむね10キログラム以下のものを指し、なかには1キログラム程度のものもある。小型衛星と厳密な区別はない。いずれも開発期間が短く、開発費用が安いという利点がある。他の大型の人工衛星とともにピギーバック輸送で打ち上げられることが多い。電子部品などの小型化・高性能化にともない、2000年前後から、大学や研究機関が教育を目的として開発したり、ベンチャー企業が参加したりするようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超小型衛星
ちょうこがたえいせい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

超小型衛星の関連キーワード民間宇宙団体(日本の)アンタレス雷神2

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超小型衛星の関連情報