コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超微化石 ちょうびかせき ultramicrofossils; nannofossil

2件 の用語解説(超微化石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超微化石
ちょうびかせき
ultramicrofossils; nannofossil

ナンノ化石と同義。光学顕微鏡で観察困難かまたは不可能なほどの極微小化石をいう。大きさは 10~0.1μm程度。海生植物性浮遊生物が多い。 (→微化石 )

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超微化石
ちょうびかせき
nannofossil

微化石のうち、10マイクロメートル前後から1マイクロメートル未満のものをさす。ナノプランクトンnannoplanktonに対応させてナノ化石ともいう。通常その観察には光学顕微鏡とともに電子顕微鏡を用いる。植物プランクトンの石灰質小盤であるコッコリスが代表的である。なお、ナノnannoはギリシア語の「矮小(わいしょう)」にちなむ。[谷村好洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の超微化石の言及

【化石】より

…この中には,有孔虫・放散虫・貝形虫・ケイ藻のような微小な殻や骨格をもつ動植物,複雑な構造をもつ大型動物の骨格の一部分(例えばウニのとげや骨片など)や,植物の花粉・胞子などの化石が含まれる。さらに超微化石などと呼ばれているのは,500倍ないし1000倍の高倍率の光学顕微鏡下でようやく識別できる種類の古生物の遺骸であり,代表的なものには石灰質ナンノプランクトン(コッコリス)がある。これらの殻の詳細な構造は電子顕微鏡によって究明される。…

※「超微化石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

超微化石の関連キーワード顕微鏡写真光学顕微鏡偏光顕微鏡実体顕微鏡生物顕微鏡赤外線顕微鏡走査型近接場光学顕微鏡スンプ法光学顕微鏡検査法走査電子顕微鏡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone