光学顕微鏡(読み)コウガクケンビキョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

こうがく‐けんびきょう クヮウガクケンビキャウ【光学顕微鏡】

〘名〙 対物レンズ、接眼レンズにガラスレンズを用いて物体の微細部分を拡大して観察する装置。特殊なものに位相差顕微鏡、偏光顕微鏡、限外顕微鏡などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の光学顕微鏡の言及

【顕微鏡】より

…微小な物体を拡大して観察することを目的とした装置。広義には,電子線を利用する電子顕微鏡,イオンを利用するイオン顕微鏡なども含むが,単に顕微鏡といえば光を利用した光学顕微鏡を指す。光学顕微鏡は,対物レンズによって微小な物体の拡大された実像を作り,これを接眼レンズによってさらに拡大しながら明視の距離に虚像を作るものである。…

※「光学顕微鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報