コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超精密加工 ちょうせいみつかこうultra precision machining

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超精密加工
ちょうせいみつかこう
ultra precision machining

0.01μm 程度あるいはそれ以下の値の精度を有する加工。大出力レーザー用光学部品,VTRシリンダ,半導体などの製造に関連して行われるようになった。従来の加工機械では達成がむずかしく,特別に設計された工作機械,工具および加工用素材が開発されている。工作機械本体は高剛性で,主軸,摺動面でのふれを極力少なくし,高位置精度を維持できる機械部品を採用している。たとえば,切削工具には,天然ダイヤモンドの中から結晶方位の正しいものを選定し,超精密加工にとって重要な刃先硬度,刃陵の鋭さを確保している。超精密加工の対象となる材料は粒子が細かく,介在物,欠陥,不純物が存在しないことが必要で,アルミニウム合金,銅,銀などがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

超精密加工の関連キーワードラップ仕上げ長野電子工業ガラス工業プラズマ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超精密加工の関連情報