コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超臨界圧ボイラ ちょうりんかいあつボイラsuper-critical pressure boiler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超臨界圧ボイラ
ちょうりんかいあつボイラ
super-critical pressure boiler

流体の臨界圧力以上の蒸気発生装置。超臨界圧では,沸騰現象は起らず,水を加熱すると連続的に過熱蒸気に変化する。この方式では普通のボイラ胴は不要であるが,給水の厳密な処理が必要であり,給水やボイラ内の循環を調整するための多くの耐熱鋼管を必要とする。超臨界圧ボイラを利用した発電が超臨界圧火力発電である。蒸気条件が高温高圧であるので,単位発電量に対する熱消費率が少い特徴があり,日本でも出力が 450MW以上の大容量の場合は,ほとんど圧力 246 kgf/cm2 ,温度 566℃の超臨界圧ボイラが採用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

超臨界圧ボイラの関連キーワード火力発電ボイラー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android