コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超電子バイオマン

2件 の用語解説(超電子バイオマンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

超電子バイオマン

日本の特撮テレビ番組。1975年から放映が続く「スーパー戦隊シリーズ」の作品のひとつ。放映はテレビ朝日系列(1984年2月~1985年1月)。全51話。原作:八手三郎。脚本:曽田博久ほか、監督:堀長文ほか。出演:阪本良介、太田直人、大須賀昭人、矢島由紀、牧野美千子、田中澄子ほか。紅一点だったヒロインが二人になったシリーズ初の作品。

超電子バイオマン

同名の特撮テレビ番組(1984-85)に登場する変身ヒーロー。レッドワン、グリーンツー、ブルースリー、イエローフォー、ピンクファイブの5人で構成されるスーパー戦隊。自我を持つ巨大ロボットバイオロボによってバイオ粒子を浴びた者の子孫が、バイオマンとなって新帝国ギアと戦う。戦隊技はスーパーエレクトロン

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超電子バイオマンの関連キーワードアクマイザー3ウルトラマンティガ科学戦隊ダイナマンザ・カゲスター正義のシンボル コンドールマン地球戦隊ファイブマンてれび絵本TVオバケ てれもんじゃテレビの旅バトルフィーバーJ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone