コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超電子バイオマン

デジタル大辞泉プラスの解説

超電子バイオマン

日本の特撮テレビ番組。1975年から放映が続く「スーパー戦隊シリーズ」の作品のひとつ。放映はテレビ朝日系列(1984年2月~1985年1月)。全51話。原作:八手三郎。脚本:曽田博久ほか、監督:堀長文ほか。出演:阪本良介、太田直人、大須賀昭人、矢島由紀、牧野美千子、田中澄子ほか。紅一点だったヒロインが二人になったシリーズ初の作品。

超電子バイオマン

同名の特撮テレビ番組(1984-85)に登場する変身ヒーロー。レッドワングリーンツーブルースリーイエローフォーピンクファイブの5人で構成されるスーパー戦隊。自我を持つ巨大ロボット・バイオロボによってバイオ粒子を浴びた者の子孫が、バイオマンとなって新帝国ギアと戦う。戦隊技はスーパーエレクトロン。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

超電子バイオマンの関連キーワード黒人問題谷川俊太郎三東ルシア採石業深作欣二EA-71紀田順一郎キング・クリムゾン神代辰巳ジョン・ウー

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超電子バイオマンの関連情報