コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超高温変成作用 ちょうこうおんへんせいさよう ultrahigh-temperature metamorphism

1件 の用語解説(超高温変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

超高温変成作用

高温の変成作用の中で特に高温の変成作用.温度の目安は900℃以上とする考えがあるが,変成作用の正確な温度の推定は簡単ではなく証明が難しい.一般的な高温実験では900℃は普通の高温であり,超高温という語はこれよりはるかに高い温度に用いる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超高温変成作用の関連キーワード広域変成作用ケモ変成作用高度変成作用最高変成度動的変成作用累進変成作用高温変成作用静熱変成作用メソ変成作用地殻内変成作用

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone