コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越前鳥の子紙

デジタル大辞泉プラスの解説

越前鳥の子紙

福井県越前市を中心に生産される和紙。「越前和紙」のひとつ。原料はガンピ。嘉暦年間から生産されており、「鳥の子」の名は紙の色が鶏卵に似るところから。高品質で虫害に強く、襖紙などに用いられる。現在では機械生産のものを「鳥の子紙」、手漉きのものを「本鳥の子紙」として区別することが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android