コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙一清 ちょういっせいZhao Yi-qing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙一清
ちょういっせい
Zhao Yi-qing

[生]康煕49(1710)
[没]乾隆29(1764)
中国,清初の学者。字,誠夫。号,東潜。主著『水経注釈』 (40巻) ,『水経注刊誤』 (12巻) 。 (→水経注 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の趙一清の言及

【水経注】より

…したがって,体裁や順序が乱れ,経文と注文との区別がつかない部分も生じた。後世これをもとの形に復元しようとする研究が起こり,ことに清代には全祖望(ぜんそぼう),趙一清(ちよういつせい),戴震(たいしん)という3学者が出て,互いに業績を競った。しかし,この3人は年齢からも《水経注》の研究歴の上からも全,趙,戴という順序なのに,それとは逆に成果が出版されたため,学界に大問題を起こした。…

※「趙一清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

趙一清の関連キーワード片山兼山新版歌祭文金木さなぶり荒馬踊アルブレヒト城永字銀永字丁銀永字豆板銀河合曽良閑院宮黒沢琴古

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android