コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水経注 すいけいちゅう Shui-jing-zhu

6件 の用語解説(水経注の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水経注
すいけいちゅう
Shui-jing-zhu

中国の地理書。北魏のれき道元の著。 40巻。黄河水系に始り,揚子江水系,江南諸水系の水路を追い,その流域の都城,古跡,山水,伝説を記した書。もともと3世紀頃の著と考えられる『水経』に注を施したものであるが,注のほうが主体を占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すいけいちゅう【水経注】

中国古代の地理書。40巻。北魏の酈道元(れきどうげん)著。代から三国時代ころに作られた中国河川誌「水経」に拠って、中国全土の水路を詳述したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水経注【すいけいちゅう】

中国の地理書。北魏の【れき】道元〔?-527〕著。40巻。3世紀成立の《水経》(作者不明)に著者自身の地理的体験に基づいた注を加えたもの。各地の水路に沿って,流域の都邑(とゆう)・古跡・山水などを記述。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すいけいちゅう【水経注 Shuǐ jīng zhù】

中国,北魏時代に作られた河川誌。酈道元(れきどうげん)(?‐527)の著。40巻。《水経》というのは三国時代,3世紀にできた簡単な河川誌で著者もわからないが,これに酈道元が多数の文献と自分の旅行体験とを,注という形にまとめて付け足し,内容豊富な地理書に作り上げた。黄河水系より始め淮河(わいが),長江(揚子江)より江南に及ぶ中国全土の河川ごとに,流域の都市,名勝,旧跡,伝説,民俗等を詳細に記述する。中国の通常の地理書が行政区画分けになっているのとは異なり,河川の流域別に記された歴史地理書といってもよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すいけいちゅう【水経注】

中国の地理書。四〇巻。北魏ほくぎの酈道元れきどうげんの撰。「水経」に、実地体験と多くの文献によって注釈を加えたもので、中国各地の河川とその流域の歴史について詳細に記す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水経注
すいけいちゅう

中国の地理書。40巻。著者は北魏(ほくぎ)時代の道元(れきどうげん)(?―527)。もと3世紀のころに記されたとみられる『水経』という書があり、それには中国のおもな河川の源や経路、河口などがきわめて簡単に記載されてあったが、本書は、道元が6世紀の初めに『水経』に詳細な注をつけてできあがったものである。その注は、『水経』の137河川を大幅に上回る1252河川を取り上げており、それらの流路や、その流域の都邑(とゆう)、古跡、山水などについて、豊富な文献の引用と、自身の体験とに基づいて記述したものである。その記述の文学的な筆致は有名であり、また引用された書物のうちにはすでに失われてしまったものも多く、文献学的にも重要な意味をもっている。なお、このように河川の水系を基準にした体裁は、通常の行政区画に基づく中国の地理書のなかでは異色のものといえる。[中村圭爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水経注の言及

【中国文学】より

…四六文は,いわば和声的な美文だから,抒情的な内容にふさわしく,議論文や歴史の記述には適合しないはずなのに,南北朝の文人はあらゆる事をこの文体で書いた。北魏の酈道元(れきどうげん)の《水経注(すいけいちゆう)》のような地誌でさえ,この文体で書かれ,その風景を描写した美文は高く評価されていた。南朝の四六文の大家は(6世紀の)徐陵(じよりよう)と庾信で,巧みな対句の構成法は後世の模範となる。…

※「水経注」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水経注の関連キーワード小札新楽府世話字宣徳火鉢挹婁佐波郡龍門石窟山水遊記水道提綱酈道元

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone