趙子昂

美術人名辞典の解説

趙子昂

南宋末・元の文人画家。浙江省生。名は孟覜、松雪道人と号する。宋の王族であったが、その才を認められ、元の高官に迎えられる。文学・書画の全てに優れており、山水・人物・花鳥禽獣などあらゆる題材を描き、その画風も唐以来の伝統を会得したものであった。書は王羲之書風を学んで一家を成した。至治2年(1322)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android