足が重い(読み)あしがおもい

精選版 日本国語大辞典「足が重い」の解説

あし【足】 が 重(おも)

がだるい。
※人情本・清談若緑(19C中)二「何だか私(わち)きゃアもう草臥たさうで、足(アシ)がいっそ重(オモ)くなりましたは」
② 気が進まない。気が重い。他人を訪れる気になかなかなれない場合などに用いられる。
※見知らぬ家路(1970)〈黒井千次〉「ヨウキチの手をひいてバスの見送りに行く足が重かった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「足が重い」の解説

あしおも・い

足がだるい。「一日中歩き回って―・い」
出かけたりするのがいやだ。気がすすまない。「を訪ねる―・い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android