足溜まり(読み)アシダマリ

デジタル大辞泉の解説

あし‐だまり【足×溜まり】

しばらく足を止める所。行動の根拠地。
「白河家を―にして、京都の公卿たちの間に遊説を思い立つものがある」〈藤村夜明け前
を掛けて支える所。足場。足掛かり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしだまり【足溜まり】

しばらく足を留める所。また、行動を起こす根拠地とする場所。 「麓の温泉を-にして山へ登る」
足を掛けて支えとする所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android