コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足場 あしばscaffold; stage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足場
あしば
scaffold; stage

建築工事において,高いところで作業を行う人間の足がかりのために,かりに組立てた構造物のこと。パイプ丸太などを使って組立てる形式 (組立足場) と,屋上,軒先または梁などから吊られている形式 (吊足場) の2種類に大別できる。足場の材料には,鋼製のパイプなどが使われることが多く,丸太が用いられることは少くなった。これらは労働安全衛生規則の規定に従ったものでなければならない。パイプまたは丸太の間に渡す足場板は,骨組みにしっかり結びつけておくことが必要であり,高さ 75cm以上の位置に手すりをつけることも必要である。高層建築物の場合,建物の外周面での作業,たとえば窓ガラスを外側から拭くために,屋上から降ろす吊足場などには,強風に揺られてもだいじょうぶなように安全を確保することが必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あし‐ば【足場】

足を踏みたてる所。足元のぐあい。足掛かり。「足場が悪くて力が入らない」
足を掛ける所。特に、高所での作業のため丸太や鋼管などで組み立てたもの。「足場を組む」
物事をするときの基盤とする所。立脚地。土台。「足場を固める」
交通の便のぐあい。「通うのに足場が悪い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

足場

建築工事を行う際に設けられる仮設の作業用床。屋根工事外装工事などを行うために建物外周部に設けられる「外部足場」と、壁・天井などの工事のために建物内部に設けられる「内部足場」がある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

あしば【足場】

高い所で作業をするために、丸太・鋼管などで組み立てた仮設構造物。 「 -を組む」
足を踏みつける場所。また、足もとの具合。足掛かり。 「雨上がりで-が悪い」
物事をしようとする時のよりどころ。土台。 「 -を固める」
交通の便。 「 -が良い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

足場の関連キーワード六本木の鉄パイプ落下死亡事故神戸・三宮の足場倒壊事故ファンリヤオ(枋寮)取り払う・取払う足掛かり・足掛りスキャフォールドキックステップカットステップステージング近接目視点検仮設構造物足場ボルトダイサン人工登攀三点支持足場材料クランプ建築工事ハーケン足溜まり

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足場の関連情報