足場(読み)あしば

精選版 日本国語大辞典「足場」の解説

あし‐ば【足場】

〘名〙
① 足を踏みたてる場所。歩くところ。また、その具合。立脚地。足がかり。あししろ。あしだち。あしど。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)一〇「足場(アシバ)のあしき所に岸近く草のしげりたる所を」
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)五「地炕(ゐろり)の中に足場を揣(はか)りて且(しばら)く透(すき)を窺ひつつ」
② 建築や高い所の工事などの際、作業の便宜のために、仮に丸太や鋼管などを組んで作ったもの。あししろ。あしがかり。あなない
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「掘抜(ほりぬき)足代(アシバ)へ、家鴨(あひる)が登らうといふざまで」
③ 物事をしようとする時のよりどころ。土台。基礎。また、きっかけ。あししろ。あしがかり。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※人間嫌ひ(1949)〈正宗白鳥〉「このS社を足場にして、在京中の用事を足した」
④ そこから出かけるときやそこへ寄るときの交通の便。
※漫談集(1929)花の噂〈大辻司郎〉「花あやめ、かきつばたの見物も、大概は田舎の遠い方で足場(アシバ)が悪いのと、泥臭いのでつい億劫になる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「足場」の解説

足場
あしば
scaffold; stage

建築工事において,高いところで作業を行う人間の足がかりのために,かりに組立てた構造物のこと。パイプ,丸太などを使って組立てる形式 (組立足場) と,屋上軒先またはなどから吊られている形式 (吊足場) の2種類に大別できる。足場の材料には,鋼製のパイプなどが使われることが多く,丸太が用いられることは少くなった。これらは労働安全衛生規則規定に従ったものでなければならない。パイプまたは丸太の間に渡す足場板は,骨組みにしっかり結びつけておくことが必要であり,高さ 75cm以上の位置に手すりをつけることも必要である。高層建築物の場合,建物の外周面での作業,たとえば窓ガラス外側から拭くために,屋上から降ろす吊足場などには,強風に揺られてもだいじょうぶなように安全を確保することが必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「足場」の解説

あし‐ば【足場】

足を踏みたてる所。足元のぐあい。足掛かり。「足場が悪くて力が入らない」
足を掛ける所。特に、高所での作業のため丸太や鋼管などで組み立てたもの。「足場を組む」
物事をするときの基盤とする所。立脚地。土台。「足場を固める」
交通の便のぐあい。「通うのに足場が悪い」
[類語]拠点本拠根拠地根城立脚地基地陣地陣営戦陣本陣本営本丸牙城地盤足掛かりベース

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android