コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜明け前 よあけまえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜明け前
よあけまえ

島崎藤村長編小説。 1929~35年発表。木曾馬籠 (まごめ) 宿で本陣,問屋,庄屋を兼ねる旧家当主青山半蔵は,折から明治維新動乱期を迎え,宿役人村役人としての責務と信奉する国学の思想とに裂かれて苦悩し,やがて到来した新時代にも裏切られ,絶望して狂死する。半蔵のモデルは作者の父であり,その生涯を描くことで維新を草莽の側からみるとともに,近世から近代へ貫流した民族の「誠」をたずねようとした力作。近代歴史文学の最高峰と認められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よあけまえ【夜明け前】[書名]

島崎藤村の長編小説。昭和4~10年(1929~1935)発表。明治維新前後の動乱の時代を背景に、木曽馬籠宿の旧家の当主、青山半蔵の苦難の一生を描く。モデルは作者の父。昭和28年(1953)、吉村公三郎監督により映画化。脚色新藤兼人。出演、滝沢修乙羽信子ほか。第8回毎日映画コンクール撮影賞受賞。

よあけ‐まえ〔‐まへ〕【夜明け前】

夜が明ける直前。また、苦難や雌伏の時期が終わり、事態が好転する直前のたとえ。
[補説]作品名別項。→夜明け前

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

夜明け前【よあけまえ】

島崎藤村の長編小説。1929年―1935年《中央公論》に断続連載。明治維新前後の時代の変転を背景に,木曾馬籠(まごめ)の本陣・庄屋・問屋を兼ねる平田派国学者の青山半蔵(作者の父正樹がモデル)の生涯を描く。
→関連項目新協劇団滝沢修

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

よあけまえ【夜明け前】

長野の日本酒。酒名は、長野出身の作家・島崎藤村の小説「夜明け前」にちなみ命名。大吟醸酒、純米大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒をそろえる。平成3、4、8、11~13、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主に山田錦。仕込み水は霧訪(きりとう)山の伏流水蔵元の「小野酒造店」は元治元年(1864)創業。所在地は上伊那郡辰野町大字小野。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

夜明け前

1953年公開の日本映画。監督:吉村公三郎、原作:島崎藤村、脚色:新藤兼人、撮影:宮島義勇。出演:乙羽信子、日高澄子、山内明殿山泰司菅井一郎、滝沢修ほか。第8回毎日映画コンクール撮影賞受賞。

夜明け前

長野県、株式会社小野酒造店の製造する日本酒。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よあけまえ【夜明け前】

島崎藤村の長編小説。1929年から35年にかけて年4回のわりで《中央公論》に連載。第1部は32年,第2部は35年,ともに新潮社刊。作者の父正樹をモデルとする青山半蔵の数奇な生涯を軸として,1853年(嘉永6)の黒船騒ぎから明治政府が絶対主義的性格を強める86年(明治19)にいたる,近代日本の胎動期の苦しみを描いた歴史小説。中仙道馬籠宿の本陣の嫡男として生まれた半蔵は,平田派の国学に傾倒して王政復古を願い,封建制の抑圧を脱して〈若い生命〉を伸ばしたいと念じていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よあけまえ【夜明け前】

小説。島崎藤村作。一九二九(昭和四)~35年「中央公論」に発表。近代日本黎明期に木曽山中の旧家に生きた作者の父の悲劇を通して、維新の理想と現実を描いた長編歴史小説。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夜明け前
よあけまえ

島崎藤村の長編小説。1929~35年(昭和4~10)にかけて年4回の割で『中央公論』に連載。第一部は32年、第二部は35年、ともに新潮社刊。中仙道馬籠(なかせんどうまごめ)宿で本陣、庄屋(しょうや)、問屋(といや)を兼ねた青山半蔵(モデルは藤村の父正樹)の数奇な生涯を軸として、幕末維新の動乱期を描き、抑圧からの解放を求める「若い生命」の苦しみを浮かび上がらせた歴史小説。平田派の国学に心酔し、封建制度の圧迫を脱して生命の自由な発展を願う半蔵は、「この世に王と民しかなかつたやうな上(かみ)つ世(よ)」への復古を夢みて王政復古の実現に狂喜したが、維新後の改革の基調は西洋一辺倒の文明開化だった。木曽(きそ)山林問題にみられる圧政や神道軽視の風潮に失望した彼は、西洋の侵食を憂うる自製の和歌を明治天皇の行列に献じて罪に問われ、しだいに狂気に陥り、ついに菩提(ぼだい)寺に放火、座敷牢(ろう)に押し込められて悶死(もんし)する。藤村文学の到達点として、藤村が一貫して追求してきた宿命的な家系とその原点に位置する父の問題を通じて、わが国の近代化や文化の連続性の問題を考察し、個人の運命を包み込む「大きな自然(おのずから)」の存在を感じさせる大作である。
 なお、村山知義(ともよし)が脚色した戯曲『夜明け前』は第一部が1934年11月、第2部が36年3月、それぞれ久保栄(さかえ)演出で新協劇団が築地(つきじ)小劇場で初演。全幕を通じて伊藤熹朔(きさく)装置の本陣宅の一杯舞台で時代の流れを表現し、新劇史を飾る作品となった。[十川信介]
『『夜明け前』全四冊(岩波文庫・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の夜明け前の言及

【久保栄】より

…この時期の作に《国姓爺新説》《中国湖南省》《五稜郭血書》《吉野の盗賊》がある。34年に結成された新協劇団の旗揚げ公演《夜明け前》(島崎藤村原作)演出でリアリズム演劇を確立し,その社会主義リアリズム理論は名作《火山灰地》に具現し,評論集《新劇の書》(1939)を生んだが,40年新劇事件で検挙され公的活動を遠ざかった。戦後は評伝《小山内薫》,戯曲《林檎園日記》《日本の気象》《博徒ざむらい》,小説《のぼり窯》がある。…

※「夜明け前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夜明け前の関連キーワード干戈を動かすありゃこりゃ鯉口を切るねばならぬ地を掃う大きやか申聞ける酔いどれ長野県山抜け手捷い心支度暁起き心遣り夜一夜立直る攪乱王化講明苦諫

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜明け前の関連情報