コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊説 ユウゼイ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐ぜい〔イウ‐〕【遊説】

[名](スル)意見や主張を説いて歩くこと。特に、政治家が各地を演説して回ること。「地方を遊説する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうぜい【遊説】

( 名 ) スル
意見や主義・主張を説いてまわること。特に、政治家が各地を演説してまわること。 「全国を-して歩く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の遊説の言及

【旅】より

… 春秋戦国時代には各国で諸子百家と呼ばれるさまざまな学派が生まれたが,彼らは自説が受け入れられる実践の場を求めて諸侯の間を旅してまわった。そのなかでも任俠にもとづく交友を結び,世間を渡り歩く者を遊俠といい,とくに弁説をもって政治を動かそうと諸国を巡るものを遊説といい,一見仁者のような説をなして徒党を組み,権勢を握ろうとするものを遊行といった(荀悦《漢紀》)。その中で第1にあげるべきものは儒教をとなえた孔子で,みずから弟子をひきつれてつねに諸国に遊説し,東西南北の人といわれた。…

※「遊説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

遊説の関連キーワードMartin Luther King, Jr.孔席暖まらず墨突黔まず「私には夢がある」S. ワヒディンテンスクワタワ龍野 周一郎中村 清三郎山田孝野次郎石川理紀之助今村 忠助竜野周一郎住谷寅之介笹本 一雄奥 愛次郎遊士・游士深井 仁子奥村五百子佐田介石中川幸子岡元太郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遊説の関連情報