跡追・後追(読み)あとおい

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐おい ‥おひ【跡追・後追】

〘名〙
① 先に行くもののあとから追って行くこと。また、先人のしたことをひきついだり、まねたりすること。
※評判記・野郎立役舞台大鏡(1687)大和屋甚兵衛「六法のふりだし嵐が跡(アト)をいとわ此人なるべし」
② 著作、出版物などで、あとからつけ加えて発表するもの。おいつぎ。追加。補遺。明暦四年(一六五八)七月「京童」に対する寛文七年(一六六七)九月の「京童跡追」、延宝七年(一六七九)三月の「難波雀」に対する同年五月の「難波雀跡追」の類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android