コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴転ばし(読み)ケコロバシ

大辞林 第三版の解説

けころばし【蹴転ばし】

江戸時代中期、江戸の下谷・浅草あたりにいた素人風の私娼。けころ。蹴倒し。 「 -ごみも無いのにはいて居る/柳多留 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる