コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下谷 したや

7件 の用語解説(下谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下谷
したや

東京都台東区北部の地区。旧区名でもあったが,浅草区と合して台東区となった。上野公園の北東に位置し,中小工場や各種の問屋が集中。上野駅付近は繁華街。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

下谷【したや】

東京都の旧区。1947年浅草区と合して台東区となった。上野駅東側の地域で,地名は西側の上野が台地をなすのに対し,低地にあたることに由来。南部は江戸時代大名屋敷,武士町,北部は小商工業地区から発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

したや【下谷】

隅田川西岸,上野台下に位置する低地部(東京都台東区西部)の地名。古くは下屋とも書かれ,高台の上野に対する低地の意味で呼ばれた。初見は戦国期の1559年(永禄2)。当時の下谷は武蔵国豊島郡に属して一村を成し,後北条氏の支配下にあった。上野,金杉などにも小集落が展開していたが,周辺一帯は大部分が沼沢地か低湿地であった。江戸期に入って開拓が活発に行われ,坂本,竜泉寺などにも集落が成立,それと並行して下谷地域の市街地化が進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

したや【下谷】

東京都台東区の地名。旧区名。各種の問屋が集中する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下谷
したや

東京都台東(たいとう)区北西部にある地区。台地を上野とよんだのに対し、沖積低地で下谷とよばれた。かつて上野駅を中心とした広い地域をいい、旧下谷区が1878年(明治11)成立したが、1947年(昭和22)旧浅草区と合併して台東区となった。現在は旧日光街道と東京メトロ日比谷(ひびや)線の通る昭和通りの間の地区で、西は根岸、東は入谷(いりや)と接する。1丁目に入谷鬼子母神(きしもじん)で知られる真源(しんげん)寺があり、7月7日前後の朝顔市は有名。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下谷の関連情報