コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓼太 リョウタ

世界大百科事典 第2版の解説

りょうた【蓼太】

1718‐87(享保3‐天明7)
江戸中期の俳人。姓は大島。通称は平助または平八。別号は宜来(ぎらい),里席,雪中庵,空摩居士など。信濃国伊那に生まれた(出生地についてはほかに,木曾松代,江戸の3説がある)。若くして家を出て御用縫物師を勤め,また出家を思い立ったこともあるという。江戸において嵐雪門の吏登(りと)に俳諧を学び,1741年(寛保1)《春の月》を編纂,刊行,翌年芭蕉のあとを慕って東北地方を旅し,遺吟を集めたりした。51年(宝暦1)には《雪おろし》で当時勢力のあった江戸座を批判し,論争の末,江戸の俳壇に確かな地位を占めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓼太
りょうた

大島蓼太」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓼太
りょうた
(1718―1787)

江戸中期の俳人。大島氏。本姓吉川(きっかわ)氏。名は陽喬(ようきょう)。通称平助または平八。別号雪中庵(せっちゅうあん)、宜来(ぎらい)、空摩居士(くうまこじ)など。出生については木曽(きそ)、松代(まつしろ)、江戸などの説もあるが、信濃(しなの)伊那(いな)郡大島(長野県上伊那郡飯島町)が最有力である。蓼太の幼少時に一家は江戸に出て幕府の御用縫物師を勤めた。初め点取俳諧(はいかい)をしていたが、雪中庵2世吏登(りとう)に入門、しだいに頭角を現した。その間、奥羽、関西を行脚(あんぎゃ)、各地の俳友と交流し見聞を広め、1750年(寛延3)に雪中庵3世を継いだ。『続五色墨(ごしきずみ)』結成や『雪おろし』によって江戸座宗匠の旧態を批判し、江戸俳壇に地位を占めた。その後、宝暦(ほうれき)・明和(めいわ)・安永(あんえい)期(1751~1781)の活躍は目覚ましく、完来編『藤衣(ふじごろも)』(1787)によれば、東西の吟行50余度、俳書の編著200有余、文台(ぶんだい)を許した者40余人、門人2000余に及んだという。芭蕉(ばしょう)復帰を唱え、その研究と顕彰、江戸俳壇の刷新、俳諧の普及など、天明(てんめい)期(1781~1789)の俳諧復興に果たした功績は絶大であった。俳風は平明を理想としたが通俗的な傾向もみられる。編著は『ほうぐ袋』(1743)、『七柏(ななかしわ)集』(1781)など多数ある。天明7年9月7日没。[松尾勝郎]
『中村俊定著『大島蓼太』(『俳句講座3 俳人評伝 下』所収・1959・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蓼太の関連キーワード世の中は三日見ぬ間に桜かな世の中は三日見ぬ間の桜かな深川湖十(4代)葦切・葦雀杉浦 宇貫八千房屋烏野山の錦岩崎梧泉杉野翠兄江原阿人蓼太句集久村暁台織本花嬌山村月巣大島完来飯島吐月堀田沙羅岩波午心高柳荘丹鵜飼い舟

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓼太の関連情報