細田栄之(読み)ほそだ えいし

  • 1756―1829
  • ほそだえいし
  • 細田栄之 ほそだ-えいし

世界大百科事典 第2版の解説

1756‐1829(宝暦6‐文政12)
浮世絵師。鳥文斎栄之ともいう。浮世絵師としては珍しく旗本の出身で名は時富(ときとみ)。祖父と曾祖父は勘定奉行を務め,時富自身は小納戸役500石取りであった。絵を狩野栄川院典信に学ぶ。1789年(寛政1)に職を辞し養子の時豊に家督を譲る以前から浮世絵を手がけていたことは,1785年刊の黄表紙《其由来光徳寺門》の挿絵を描いていることで知られる。しかし,その活躍期は寛政年間(1789‐1801)とすべきで,喜多川歌麿の全盛時代と重なり,互いに影響を受けあっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1756~1829 江戸後期の浮世絵師。号は鳥文斎。幕臣で、若年で致仕。狩野典信みちのぶらに師事。町絵師となり一派をなした。細腰長身の清楚な美人画をよくし、版画では地色を黄色で塗る「黄つぶし」を考案。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]宝暦6(1756).江戸
[没]文政12(1829).7.2. 江戸
江戸時代中・後期の浮世絵師。名は時富,号は鳥文斎。家禄 500石の旗本の出身。元明1 (1781) 年より一時小納戸役として出仕。初め狩野派を学ぶ。天明5 (85) 年頃より黄表紙の挿絵にを染める。その美人画は寛政期 (89~1801) ,喜多川歌麿と並ぶ人気を博した。主要作品『青楼美撰合』『青楼芸者撰』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸中期から後期の浮世絵師。禄高(ろくだか)500石の旗本の長男として生まれる。祖父は幕府の勘定奉行(ぶぎょう)。本名細田時富、俗称民之丞、弥三郎。浮世絵師としては鳥文斎(ちょうぶんさい)栄之と名のった。1772年(安永1)家督を継ぎ、1781年(天明1)小納戸(こなんど)役、1783年西丸勤務にかわり、その年の末には寄合(よりあい)(非職)、1789年(寛政1)家督を子に譲って隠居した。絵は初め幕府の奥絵師狩野栄川院典信(かのうえいせんいんみちのぶ)に学び、のち文竜斎に浮世絵を学んだと伝える。天明(てんめい)年間(1781~1789)に旗本の身のまま浮世絵の世界に加わり、黄表紙(きびょうし)の挿絵や錦絵(にしきえ)の作画を始める。鳥居清長の作風を慕って長身の清楚(せいそ)な美人画に独自の様式を確立、寛政(かんせい)年間(1789~1801)に人気絵師として活躍した。喜多川歌麿(うたまろ)の大首絵(おおくびえ)に対して、全身像の美人画に特色を発揮し、当時全盛の歌麿にも影響を与えている。錦絵の代表作に『青楼美撰合(せいろうびせんあわせ)』『青楼芸者撰(げいしゃせん)』(ともに三枚続)がある。また、狩野派の本格的な画法を基礎として肉筆画にも優れ、各種の「隅田川絵巻」のほか、遊女や芸者を扱った掛幅装の美人画に佳作を多く残している。門人も多く、栄昌、栄水、栄里、栄深らが活躍して、一派を形成した。

[小林 忠]

『菊地貞夫著『浮世絵大系 6 歌麿/栄之』(1973・集英社)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸中~後期の浮世絵師。江戸の人。本名、時富。初め狩野派の絵を学んだが、のち鳥居派に移り、浮世絵に専念。浮世絵の作に、多く鳥文斎を号す。もっぱら独特の気品のある清澄な美人画を描いた。代表作「青楼美撰合」など。宝暦六~文政一二年(一七五六‐一八二九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android