コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細田栄之 ほそだ えいし

7件 の用語解説(細田栄之の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

細田栄之

江戸後期の浮世絵師。名は時富、号は鳥文斎。画を狩野栄川院に学び、のち浮世絵で名を成し多くの門人を輩出する。文政12年(1829)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほそだ‐えいし【細田栄之】

[1756~1829]江戸後期の浮世絵師。江戸の人。本名、時富。旗本の出身で、狩野典信(かのうみちのぶ)に師事。のち浮世絵を手がけ、鳥文斎と号して一派をなした。全身像の優美な美人画が特徴。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細田栄之 ほそだ-えいし

鳥文斎栄之(ちょうぶんさい-えいし)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ほそだえいし【細田栄之】

1756‐1829(宝暦6‐文政12)
浮世絵師。鳥文斎栄之ともいう。浮世絵師としては珍しく旗本の出身で名は時富(ときとみ)。祖父と曾祖父は勘定奉行を務め,時富自身は小納戸役500石取りであった。絵を狩野栄川院典信に学ぶ。1789年(寛政1)に職を辞し養子の時豊に家督を譲る以前から浮世絵を手がけていたことは,1785年刊の黄表紙《其由来光徳寺門》の挿絵を描いていることで知られる。しかし,その活躍期は寛政年間(1789‐1801)とすべきで,喜多川歌麿の全盛時代と重なり,互いに影響を受けあっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほそだえいし【細田栄之】

1756~1829) 江戸後期の浮世絵師。号は鳥文斎。幕臣で、若年で致仕。狩野典信みちのぶらに師事。町絵師となり一派をなした。細腰長身の清楚な美人画をよくし、版画では地色を黄色で塗る「黄つぶし」を考案。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細田栄之
ほそだえいし

[生]宝暦6(1756).江戸
[没]文政12(1829).7.2. 江戸
江戸時代中・後期の浮世絵師。名は時富,号は鳥文斎。家禄 500石の旗本の出身。元明1 (1781) 年より一時小納戸役として出仕。初め狩野派を学ぶ。天明5 (85) 年頃より黄表紙の挿絵に筆を染める

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細田栄之
ほそだえいし
(1756―1829)

江戸中期から後期の浮世絵師。禄高(ろくだか)500石の旗本の長男として生まれる。祖父は幕府の勘定奉行(ぶぎょう)。本名細田時富、俗称民之丞、弥三郎。浮世絵師としては鳥文斎(ちょうぶんさい)栄之と名のった。1772年(安永1)家督を継ぎ、1781年(天明1)小納戸(こなんど)役、1783年西丸勤務にかわり、その年の末には寄合(よりあい)(非職)、1789年(寛政1)家督を子に譲って隠居した。絵は初め幕府の奥絵師狩野栄川院典信(かのうえいせんいんみちのぶ)に学び、のち文竜斎に浮世絵を学んだと伝える。天明(てんめい)年間(1781~1789)に旗本の身のまま浮世絵の世界に加わり、黄表紙(きびょうし)の挿絵や錦絵(にしきえ)の作画を始める。鳥居清長の作風を慕って長身の清楚(せいそ)な美人画に独自の様式を確立、寛政(かんせい)年間(1789~1801)に人気絵師として活躍した。喜多川歌麿(うたまろ)の大首絵(おおくびえ)に対して、全身像の美人画に特色を発揮し、当時全盛の歌麿にも影響を与えている。錦絵の代表作に『青楼美撰合(せいろうびせんあわせ)』『青楼芸者撰(げいしゃせん)』(ともに三枚続)がある。また、狩野派の本格的な画法を基礎として肉筆画にも優れ、各種の「隅田川絵巻」のほか、遊女や芸者を扱った掛幅装の美人画に佳作を多く残している。門人も多く、栄昌、栄水、栄里、栄深らが活躍して、一派を形成した。[小林 忠]
『菊地貞夫著『浮世絵大系 6 歌麿/栄之』(1973・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細田栄之の関連キーワード一貫斎栄尚鳥文斎栄之上方浮世絵館稲垣つる月斎峨眉丸鳥園斎栄深東燕斎寛志蒔絵師源三郎浮世絵類考《浮世絵師・紫頭巾》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone