躑躅色(読み)つつじいろ

色名がわかる辞典の解説

つつじいろ【躑躅色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかなみの」としている。一般に、ツツジの花の赤みがかった薄い紫色のこと。ツツジ科ツツジ属の植物は多彩な色の花を早春から初夏にかけて咲かせるが、そのうちアケボノツツジ、コバノミツバツツジのような「紫みの赤」系統の花の色をさす。かさね色目いろめの名でもあり、表は蘇芳すおう、裏は、またはなど。「躑躅花」は枕詞まくらことばにも使われ、「美しい」の意味から「にほふ」にかかる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

つつじいろ【躑躅色】

ツツジの花のような鮮やかな赤紫色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android