躑躅色(読み)つつじいろ

色名がわかる辞典の解説

つつじいろ【躑躅色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかなみの」としている。一般に、ツツジの花の赤みがかった薄い紫色のこと。ツツジ科ツツジ属の植物は多彩な色の花を早春から初夏にかけて咲かせるが、そのうちアケボノツツジ、コバノミツバツツジのような「紫みの赤」系統の花の色をさす。かさね色目いろめの名でもあり、表は蘇芳すおう、裏は、またはなど。「躑躅花」は枕詞まくらことばにも使われ、「美しい」の意味から「にほふ」にかかる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

つつじいろ【躑躅色】

ツツジの花のような鮮やかな赤紫色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android