躑躅(読み)つつじ

精選版 日本国語大辞典「躑躅」の解説

つつじ【躑躅】

〘名〙
① ツツジ科ツツジ属の低木のうち、全部もしくは一部が落葉するもの。北半球の温帯などに広く分布して約五〇〇種あり、ヤマツツジ、ミツバツツジ、レンゲツツジなど日本には約五〇種が自生する。古くから庭園に栽培され、園芸品種も非常に多い。高さ〇・三~三メートル。枝をよく分け、葉は互生し、まれにふちに小鋸歯(きょし)を持つものがある。小枝や葉にはあらい粘毛を生じる。春から夏にかけ、枝先に小柄のある先が五裂した漏斗状の花が数個集まって咲く。《季・春》
※宇津保(970‐999頃)吹上上「つつしの木ども北になみたちて」
② 襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は蘇芳(すおう)または二藍(ふたあい)。冬の下襲(したがさね)。女房の(うちき)に用いる。躑躅襲。つつじの衣。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「わらはにつつじのこうちぎ」

てき‐ちょく【躑躅】

〘名〙 (「てきぢょく」とも)
① (━する) 足ぶみすること。じだんだをふむこと。〔いろは字(1559)〕 〔荀子注‐礼論〕
② (━する) ためらうこと。たゆたうこと。ちゅうちょ。
※本朝文粋(1060頃)九・詩者志之所之詩序〈菅原文時〉「始則躑躅於胸臆之間。漸以流離於脣吻之外」 〔古詩‐為焦仲卿妻作〕
植物つつじ(躑躅)」のこと。
※車屋本謡曲・雲雀山(1505頃)「てきちょくは夜遊の人の折りをえて」 〔王建‐宮詞〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「躑躅」の解説

つつじ【躑躅】

ツツジ科ツツジ属の植物の総称。常緑または落葉性の低木、まれに小高木もある。よく分枝し、枝や葉に毛がある。春から夏、白・紅・紫色などの漏斗形で先の5裂した花が咲く。園芸種も多く、ヤマツツジサツキレンゲツツジミツバツツジなどがある。ツツジ科の双子葉植物は約1400種あり、温帯・寒帯地域および熱帯の高山に分布し、シャクナゲアセビコケモモエリカなども含まれる。 春》「―いけて其蔭に干鱈ひだらさく女/芭蕉
かさねの色目の名。表は蘇芳すおう、裏は萌葱もえぎまたは紅色。
[類語]蓮華躑躅三つ葉躑躅・黒船躑躅・山躑躅久留米躑躅・玄海躑躅

てき‐ちょく【××躅】

足踏みすること。ためらうこと。
つつじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「躑躅」の解説

躑躅 (ツツジ・テキチョク)

植物。ツツジ科ツツジ属の常緑・落葉低木の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android