コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

躑躅 ツツジ

4件 の用語解説(躑躅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつじ【躑躅】

ツツジ科ツツジ属の植物の総称。常緑または落葉性の低木、まれに小高木もある。よく分枝し、枝や葉に毛がある。春から夏、白・紅・紫色などの漏斗形で先の5裂した花が咲く。園芸種も多く、ヤマツツジサツキレンゲツツジミツバツツジなどがある。ツツジ科双子葉植物は約1400種あり、温帯・寒帯地域および熱帯の高山に分布し、シャクナゲアセビコケモモエリカなども含まれる。 春》「―いけて其蔭に干鱈(ひだら)さく女/芭蕉
襲(かさね)の色目の名。表は蘇芳(すおう)、裏は萌葱(もえぎ)または紅色。

てき‐ちょく【××躅】

足踏みすること。ためらうこと。
つつじ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つつじ【躑躅】

ツツジ科ツツジ属の植物の総称。常緑または落葉性の低木。山地に自生し、公園や庭園に広く栽植される。葉は互生。4、5月、枝先に先端が五裂した漏斗形の美しい花を一~数個つける。果実は蒴果。園芸品種が多い。ヤマツツジ・ミヤマキリシマ・サツキなど。 [季] 春。

てきちょく【躑躅】

二、三歩行っては止まること。進まないこと。ためらうこと。躊躇ちゆうちよ
ツツジの漢名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

躑躅の関連キーワードシャクナゲ(石南花)躑躅色霧島躑躅久留米躑躅黐躑躅五葉躑躅丹躑躅八潮躑躅つつじが丘ツツジ(躑躅)

躑躅の関連情報