コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

躑躅 ツツジ

デジタル大辞泉の解説

つつじ【躑躅】

ツツジ科ツツジ属の植物の総称。常緑または落葉性の低木、まれに小高木もある。よく分枝し、枝や葉に毛がある。春から夏、白・紅・紫色などの漏斗形で先の5裂した花が咲く。園芸種も多く、ヤマツツジサツキレンゲツツジミツバツツジなどがある。ツツジ科の双子葉植物は約1400種あり、温帯・寒帯地域および熱帯の高山に分布し、シャクナゲアセビコケモモエリカなども含まれる。 春》「―いけて其蔭に干鱈(ひだら)さく女/芭蕉
襲(かさね)の色目の名。表は蘇芳(すおう)、裏は萌葱(もえぎ)または紅色

てき‐ちょく【××躅】

足踏みすること。ためらうこと。
つつじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つつじ【躑躅】

ツツジ科ツツジ属の植物の総称。常緑または落葉性の低木。山地に自生し、公園や庭園に広く栽植される。葉は互生。4、5月、枝先に先端が五裂した漏斗形の美しい花を一~数個つける。果実は蒴果。園芸品種が多い。ヤマツツジ・ミヤマキリシマ・サツキなど。 [季] 春。

てきちょく【躑躅】

二、三歩行っては止まること。進まないこと。ためらうこと。躊躇ちゆうちよ
ツツジの漢名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

躑躅 (ツツジ・テキチョク)

植物。ツツジ科ツツジ属の常緑・落葉低木総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

躑躅の関連キーワードミヤマキリシマ(深山霧島)チョウセンヤマツツジ須磨都源平躑躅清水三郎兵衛之呂都々之岩木 躑躅躑躅ヶ崎館甲府[市]石和[町]長谷川千四一座一句物モチツツジ毛利 元徳せこめる岩谷孔雀小十人組府中五山新府城跡躑躅ヶ崎武田信虎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

躑躅の関連情報