コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍事介入 ぐんじかいにゅうmilitary intervention

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍事介入
ぐんじかいにゅう
military intervention

2国あるいは多数国間の紛争,1国内の内戦 (革命) などに,第三者である他国が軍事力をもってみずからの意思に従わせようと介入することをいう。武力干渉と同義。通常,正規軍の派遣をさすが,交戦中の一方に対する武器,資金の援助をも含めていう場合もある。ロシア革命への干渉を試みた日本などのシベリア出兵,1958年中東動乱におけるアメリカイギリスレバノンヨルダンへの出兵,68年のソ連,東欧5ヵ国のチェコスロバキア侵入,最近ではアメリカの南ベトナム出兵,ソ連のアフガニスタン侵入などがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

軍事介入の関連キーワードロマン ウンゲルン・フォン・シュテンベルグスボボダ(Ludvík Svoboda)ポリティカル・コレクトネスアフガニスタンとタリバーンNATOとリビア、シリアヨゼフ スムルコフスキーブレジネフ・ドクトリン西アフリカ統一聖戦運動ミシェル スレイマンフランシスコ ビリャL. シュトロウガルソマリア内戦と難民バルカン半島と紛争国連グルジア監視団中央アフリカ共和国スムルコフスキー介入[国際政治]スエズ運河国有化ハンガリー動乱シュトロウガル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍事介入の関連情報