コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍立ち イクサダチ

デジタル大辞泉の解説

いくさ‐だち【軍立ち】

軍勢が戦場に出発すること。出陣。
「尾資(びし)の津に―す」〈北野本斉明紀〉
合戦。いくさ。また、戦いぶり。
「これほど―烈しき敵にいまだ逢はず候」〈古活字本保元・中〉
軍勢の配置。陣立て。
「勢の多少も―のやうも見分かざれば」〈太平記・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いくさだち【軍立ち】

出陣。 「精兵ときいくさをゐて進みて…-す/日本書紀 崇神訓
いくさ。合戦。 「これほど-激しき敵にいまだあはず候/保元 中・古活字本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軍立ちの関連キーワード清水清次聖徳寺保元軍勢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android