転がし(読み)コロガシ

デジタル大辞泉の解説

ころがし【転がし】

ころがすこと。ころばし。
アユ釣りで、釣り糸に多くの掛け針を付け、重りを水底で転がして魚をひっかけて釣る方法。ころがしづり。かけづり。
値をつり上げるために転売を重ねること。「土地の転がし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ころがし【転がし】

ころがすこと。ころばし。
「転がし釣り」の略。
利益を得るために転売すること。 「土地-」
企業に対する実質長期貸出を、形式上短期の手形貸付の形をとり、期日に書き替えていくこと。
株式投資信託において、同一会社の異なった投資信託間で売り買いを行うこと。決算操作などに利用されやすいことから事実上禁止されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転がしの関連情報