転成(読み)テンセイ

デジタル大辞泉の解説

てん‐せい【転成】

[名](スル)ある物が性質の違った別の物に変わること。「動詞から転成した名詞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんせい【転成】

( 名 ) スル
性質のちがう他のものに変わること。
ある語が本来の文法的機能を失って他の品詞としての性質を持つようになること。 「動詞の連用形から-した名詞」 「 -名詞」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐せい【転成】

〘名〙
① あるものが性質の異なる他のものに変わること。
② ある語が、その意味、性質を変じたため、他の品詞に転じること。
※日本文法論(1902‐08)〈山田孝雄〉一「これらは実に用言より転成したる体言なるものなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android