軸上色収差(読み)ジクジョウイロシュウサ

デジタル大辞泉の解説

じくじょう‐いろしゅうさ〔ヂクジヤウいろシウサ〕【軸上色収差】

レンズなどの光学系の収差の一。色によって焦点距離が異なるために生じる色収差屈折率の異なる材質のレンズを組み合わせたアクロマチックレンズ蛍石などの色分散が小さい材質のレンズを用いることで、収差を抑えることができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android