コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪島功一 わじま こういち

2件 の用語解説(輪島功一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

輪島功一 わじま-こういち

1943- 昭和時代後期のプロボクサー。
昭和18年4月21日生まれ。43年25歳でプロ入り。46年カエル跳びの変則戦法でイタリアカルメロ=ボッシをやぶり,世界ジュニアミドル級チャンピオンとなる。6度の防衛後,3度タイトルをうしなうが,2度の奪回に成功し,「炎の男」とよばれた。52年3度目の奪回に失敗し,引退。31勝(25KO)6敗1分け。62年スポーツジム開設。平成12年東日本ボクシング協会会長。北海道出身。本名は公一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

輪島 功一


芸名
輪島 功一

性別
男性

生年月日
1943/04/21

星座
おうし座

干支
未年

血液型
B

出身地
樺太

身長
170cm

体重
75kg

靴のサイズ
26.5cm

職種
スポーツ

プロフィール
1968年、三迫ボクシングジムに入門。プロデビューから3年後の1971年、世界ジュニアミドル級タイトルに初挑戦で王座獲得。「かえる跳びアッパー」で一躍有名に。世界タイトル6度の防衛と2度のリターンマッチでタイトル奪還に成功。1977年6月の試合で4度目のタイトル獲得に失敗。その試合を最後に引退した。戦績は38戦31勝(25KO)6敗1分。左右フックに強打を秘めた右の変則ファイター型。現役引退後、西荻窪の「輪島功一スポーツジム」の会長を務めるほか、独自のキャラクターを活かし、バラエティ番組にも多数出演している。

代表作品
映画『銀のエンゼル』(2003)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪島功一の関連キーワード輪島市同功一体輪島輪島港白川輪島石川県輪島漆芸美術館石川県輪島市輪島崎町稲越功一佐藤功一那波多目功一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輪島功一の関連情報