輪禍(読み)リンカ

デジタル大辞泉 「輪禍」の意味・読み・例文・類語

りん‐か〔‐クワ〕【輪禍】

自動車電車などにひかれたり、はねられたりする災難。「輪禍に遭う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「輪禍」の意味・読み・例文・類語

りん‐か‥クヮ【輪禍】

  1. 〘 名詞 〙 電車・自動車などに、はねられたり、ひかれたりする災難。
    1. [初出の実例]「小火や輪禍のベタ記事はぞんざいに扱いがちになる」(出典:校正おそるべし(1959)〈加藤康司〉校正者の態度と技術)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android