コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入浸透度 ゆにゅうしんとうどdegree of import penetration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸入浸透度
ゆにゅうしんとうど
degree of import penetration

国内市場や国民生活にどのくらい輸入品が浸透しているかを示す指標。たとえば,消費財輸入金額/民間最終消費支出額+政府最終消費支出で示されるマクロベースの比率や,家庭における輸入品の使用率のような消費生活への浸透度を示すものなどがある。輸入浸透度が高まる要因としては,日本の場合,個人消費の拡大,円高,輸入品の品質向上,政府の輸入拡大策の効果のほか,消費者自身が外国製品に直接アクセスする個人輸入の拡大,不公正な流通取引の改善などがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

輸入浸透度の関連キーワード国内市場

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android