コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛島古淵 からしま こえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辛島古淵 からしま-こえん

1632*-1693 江戸時代前期の儒者。
寛永8年12月16日生まれ。肥後熊本の医師辛島良室の子。日収,山崎闇斎らにまなぶ。熊本藩につかえ,朱子学をおしえた。元禄(げんろく)6年7月22日死去。63歳。名は惟明,道珠。字(あざな)は之宝。別号に塩井,蔵斎,朴庵。著作に「肥後古城主考」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

辛島古淵の関連キーワード池田光仲西垣勘四郎(初代)グスタフ甲良宗広町田宗加甲良宗広グスタフ梵舜小田原藩ビターリ(父子)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone