コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻社 ツジヤシロ

デジタル大辞泉の解説

つじ‐やしろ【×辻社】

辻などにある道祖神を祭った社。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つじやしろ【辻社】

道の十字路などにある道祖神をまつった社。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の辻社の言及

【辻】より

…石川県金沢では市場,長崎県南高来郡布津では道の追分,奈良県吉野郡では山道の合した所をいう。 交通の要衝である辻には古来,道祖神をまつった辻社や辻堂など,種々の施設が置かれた。鎌倉時代の京都では,辻ごとに篝屋(かがりや)が置かれ,終夜篝火をたいて盗賊を防ぎ市中を守ったし,戦国時代になると,公家や町衆がみずから釘貫(くぎぬき)(門)や櫓を構築して町を自衛した。…

※「辻社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辻社の関連キーワード十字路