近接目視点検(読み)キンセツモクシテンケン

デジタル大辞泉の解説

きんせつ‐もくしてんけん【近接目視点検】

橋梁やトンネルなどの土木構造物の点検法の一つ。足場や高所作業車などを利用して、触診打音検査ができる距離まで近づき、施設の損傷状態や変状を詳細に調べること。→遠望目視点検

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android