近接目視点検(読み)キンセツモクシテンケン

デジタル大辞泉の解説

きんせつ‐もくしてんけん【近接目視点検】

橋梁やトンネルなどの土木構造物の点検法の一つ。足場や高所作業車などを利用して、触診打音検査ができる距離まで近づき、施設の損傷状態や変状を詳細に調べること。→遠望目視点検

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android