近接目視点検(読み)キンセツモクシテンケン

デジタル大辞泉の解説

きんせつ‐もくしてんけん【近接目視点検】

橋梁やトンネルなどの土木構造物の点検法の一つ。足場や高所作業車などを利用して、触診打音検査ができる距離まで近づき、施設の損傷状態や変状を詳細に調べること。→遠望目視点検

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android