触診(読み)しょくしん

精選版 日本国語大辞典の解説

しょく‐しん【触診】

〘名〙 医師が患者の診察を行なう際に、実際に手や指をあてて病気の具合を診断する方法。視診、聴診、打診と合わせ用いる。
※空気頭(1967)〈藤枝静男〉「形をそなえたシコリとして触診されるようになったことが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょく‐しん【触診】

[名](スル)
医師が手や指で患者の身体に触って診断すること。また、その方法。「腹部を触診する」
構造物や機械部品を手で触り、劣化や損傷などの有無を確かめること。「ボルトを触診する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の触診の言及

【医療】より

…内科系の診療科目として,内科,小児科,精神科,消化器内科,循環器内科,呼吸器内科,神経内科などがあり,外科系の診療科目として,外科,眼科,耳鼻咽喉科,口腔外科,産婦人科,泌尿器科,皮膚科,整形外科,脳外科,胸部外科,放射線科などがある。
【診断】
 診断とは,患者が訴えるいろいろな病気の症状を,医師が以下のような問診,視診,触診,打診,聴診,および種々の臨床検査によって病気を見きわめることである。診断は,その病気が何病であるかをきめるだけでは完全ではない。…

※「触診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android