近海漁業(読み)キンカイギョギョウ

  • きんかいぎょぎょう ‥ギョゲフ
  • きんかいぎょぎょう〔ギヨゲフ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本の近海で操業される漁業。1回の航海日数が十数日を超えることなく、遠洋漁業や沿岸漁業に対応して沖合漁業の意味でいわれることが多いが、沿岸漁業と沖合漁業を総称して用いられることもある。

[吉原喜好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 近海で行なう漁業。沖合漁業。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近海漁業の関連情報