コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛舎人 コノエノトネリ

デジタル大辞泉の解説

このえ‐の‐とねり〔コノヱ‐〕【衛舎人】

近衛府の下級職員。宮中警護、天皇・皇族・大臣らの近侍などを務めた。近衛。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

このえのとねり【近衛舎人】

古代、近衛府に属した兵士。宮門の警固、行幸の供奉などに当たった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の近衛舎人の言及

【大番舎人】より

…その成立については,(1)律令制の舎人制度が弛緩して摂関家にも行われるようになった。(2)〈近衛舎人〉とよばれていた六衛府の府生が摂関家の従者となり,大番舎人となった。(3)国衙の諸役収奪から逃れようとして摂関家の権威をたよって大番舎人となった。…

※「近衛舎人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

近衛舎人の関連キーワード荒手結・荒手番上﨟の随身帯刀の舎人大番舎人舎人番長宮門供奉行幸警固