コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛長官[古代ローマ] このえちょうかん[こだいローマ]praefectus praetorio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近衛長官[古代ローマ]
このえちょうかん[こだいローマ]
praefectus praetorio

前2年アウグスツス帝によって設置された近衛軍長官。通常2名,ときには1,3名任命され,おもに軍人が占めた。2~3世紀頃には政治,軍事に大きな権限をもつようになり,皇帝位さえ左右するにいたったが,コンスタンチヌス1世 (大帝) のとき,近衛軍が解散されるとともに,長官の実権も失われた。しかし用語自体は残り,帝国内4行政区の長をさすことになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android