迚なら(読み)とてもなら

精選版 日本国語大辞典「迚なら」の解説

とても【迚】=なら[=ならば]

(「とても」と「なら」の間にはいるはずの表現が省略されたもの) せめてのことに。やむを得なければ、せめてこれだけでも、という気持を込めて用いる。
※両足院本山谷抄(1500頃)一九「とてもならは、学問をようして、朝に仕て五経六籍の道を天下を太平になさしめぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android