コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迸出 ヘイシュツ

デジタル大辞泉の解説

へい‐しゅつ【×迸出】

[名](スル)ほとばしり出ること。ほうしゅつ。
「噴水器を仕掛たごとく、盛に真直に―している」〈花袋・重右衛門の最後〉

ほう‐しゅつ〔ハウ‐〕【×迸出】

[名](スル)ほとばしり出ること。へいしゅつ。
「傍らに清泉―するものあるを見出し」〈永峰秀樹訳・暴夜物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android