コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迹見赤檮 とみの いちい

1件 の用語解説(迹見赤檮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

迹見赤檮 とみの-いちい

?-? 6世紀末ごろの官吏。
聖徳太子の舎人(とねり)ともいわれる。用明天皇2年(587)仏教の受容をめぐり蘇我馬子(そがの-うまこ)と排仏派の物部守屋(もののべの-もりや),中臣勝海(なかとみの-かつみ)が対立した際,勝海を暗殺。同年7月馬子の守屋攻撃軍にしたがい,守屋を射殺した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

迹見赤檮の関連キーワード聖徳太子阿佐太子聖徳太子伝暦竹田皇子太子太子会聖徳太子伝私記太子信仰《聖徳太子講讃図》《聖徳太子未来記》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone