コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物部守屋 もののべのもりや

9件 の用語解説(物部守屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物部守屋
もののべのもりや

[生]?
[没]用明2(587).7. 河内
古代の豪族。物部尾輿の子。敏達1 (572) 年大連 (おおむらじ) となり,排仏派として,崇仏派の大臣蘇我馬子と対立していた。同 14年諸国に疫病が流行すると,守屋は,この疫病の流行を馬子が仏像を礼拝し寺塔を建立したためであるとして,寺塔を焼き,仏像を難波堀江に捨てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

物部守屋

6世紀に大和朝廷で勢力を誇った豪族、物部氏の長。大陸文化の仏教の受け入れに反対し、崇仏派の蘇我馬子と対立した。587年に聖徳太子を擁した馬子との戦いに敗れ戦死。以来、仏教は日本に定着した。「大連」は大和朝廷の最高官。

(2012-09-19 朝日新聞 朝刊 山形全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もののべ‐の‐もりや【物部守屋】

[?~587]敏達用明朝の大連(おおむらじ)尾輿の子。排仏を主張して蘇我馬子と対立。用明天皇の死後、穴穂部皇子(あなほべのみこ)を推したが、馬子らに攻められて敗死。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

物部守屋【もののべのもりや】

古代の豪族。尾輿(おこし)の子。大連(おおむらじ)となり敏達(びだつ)天皇のころ,仏教が盛んになると蘇我馬子(うまこ)ら崇仏派と対立。用明天皇の没後,守屋は穴穂部(あなほべ)皇子を即位させようとしたが失敗し,馬子のため攻め殺された。
→関連項目穴穂部皇子物部氏物部尾輿用明天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物部守屋 もののべの-もりや

?-587 6世紀後半の豪族。
物部尾輿(おこし)の子。母が弓削(ゆげ)氏の出身のため,物部弓削守屋とも名のる。敏達(びだつ),用明朝の大連(おおむらじ)。仏教を排撃し,蘇我馬子(そがの-うまこ)と対立。用明天皇2年穴穂部(あなほべの)皇子の即位をはかったが,皇子が馬子に殺されたため孤立。同年7月諸皇子,豪族の軍に攻撃され,河内(かわち)(大阪府)渋川の本拠で射殺された。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

物部守屋

没年:用明2.7(587)
生年:生年不詳
6世紀後半の有力豪族。物部尾輿と弓削氏の阿佐姫の子。物部弓削守屋とも名乗ったのは,母を通じて弓削氏の財産と勢力を彼が継承していたからであろう。敏達天皇の時代,大連の職位にあったが,当時蔓延した疫病の原因が大臣蘇我馬子の仏教崇拝にあるとして,みずから塔,仏殿,仏像などを破壊,焼却し,馬子との確執を強めた。敏達が没し,用明天皇が立つと,大王位をねらう穴穂部皇子の命により,皇子の即位をはばんだ三輪逆 を殺した。このとき,皇子と共に磐余池辺宮(桜井市か)を包囲,用明を殺害したとする説もある。用明の死後,敏達大后額田部皇女(のちの推古天皇)を奉じた馬子や諸王族,諸豪族のなかで孤立,河内の渋川(八尾市)の私邸に退転を余儀なくされた。馬子らの攻撃を3度にわたり撃退したが,迹見赤檮の矢に当たり絶命。その膨大な所領と私有民は,馬子らの手で処分され,その一部が四天王寺(大阪市天王寺区)造営に当てられたという。

(遠山美都男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もののべのもりや【物部守屋】

?‐587(用明2)
飛鳥時代の大連(おおむらじ)。尾輿(おこし)の子,雄君の父。母が弓削氏のため物部弓削守屋ともいう。敏達・用明朝を通じ大連であった守屋は,大臣(おおおみ)蘇我馬子とことごとく対立した。仏教受容については父尾輿の場合と同様,中臣勝海(なかとみのかつみ)とともに,疫病流行は蘇我稲目の仏教尊信によるものとして,その大野丘北の寺の塔,仏殿,仏像を焼き,残りの仏像も難波の堀江に捨てたという話を伝える。また,敏達天皇の死後の殯宮(もがりのみや)では,馬子の姿を矢で射られた雀のようだとあざけり,馬子からはふるえる手脚に鈴をかけよとあざけられた,との話も伝えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もののべのもりや【物部守屋】

?~587) 敏達・用明天皇の大連おおむらじ。尾輿の子。排仏を主張して蘇我馬子と対立、用明天皇死後穴穂部あなほべ皇子の即位を企てたが馬子らに殺された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物部守屋
もののべのもりや
(?―587)

敏達(びだつ)・用明(ようめい)朝の大連(おおむらじ)。尾輿(おこし)の子。母姓により弓削(ゆげ)守屋ともいった。敏達天皇元年(572)欽明(きんめい)朝に引き続いて大連となり、大臣(おおおみ)蘇我馬子(そがのうまこ)と対立した。同14年仏法の廃棄を奏請して許され、馬子の建てた寺と仏像を焼き、焼け残りの仏像を難波(なにわ)の堀江に投棄した。同年、天皇の崩後、殯宮(もがりのみや)に誄(しのびごと)したとき、馬子と互いに相手の姿を嘲笑(ちょうしょう)し、これより二人の間に怨恨(えんこん)を生じたというが、本末を顛倒(てんとう)した話であろう。用明即位後も大連となったが、やがて天皇の異母弟穴穂部(あなほべ)皇子と結び、その擁立を図った。その2年(587)用明が没すると穴穂部の即位を図ったが、まもなく皇子は馬子に殺されてしまった。ここにおいて守屋は馬子と雌雄を決することとなったが、皇族・豪族の大半を味方にした馬子に河内渋河(かわちしぶかわ)(大阪府八尾(やお)市)の本拠を攻められ、ついに射殺された。乱後、彼の奴のなかばと宅地とを分けて四天王寺に施入した。馬子の妻は守屋の妹で、時人は、馬子が妄(みだ)りに妻の計により守屋を殺したと評した。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の物部守屋の言及

【道鏡】より

…河内国若江郡(現,八尾市)の人。出自に天智天皇皇子志貴(施基)皇子の王子説と物部守屋子孫説の2説がある。前者は《七大寺年表》《本朝皇胤紹運録》等時代の下る書に見える。…

【物部氏】より

…古代の有力氏族。姓(かばね)は連(むらじ)で,軍事・警察のことをつかさどる物部伴造(とものみやつこ)。造(みやつこ),首(おびと)などの姓をもつ配下を従え〈物部八十氏〉とも称された。祖神を饒速日(にぎはやひ)命と伝え,布都御魂(ふつのみたま)をまつる石上(いそのかみ)神宮を氏神社とする。物部氏が軍事・警察の任務についていたことを示す伝承には,(1)雄略天皇13年3月,物部目大連が采女(うねめ)を奸した歯田根命の罪を責める任務を命じられたこと,(2)雄略天皇18年8月,物部菟代(うしろ)宿禰と物部目連が伊勢の朝日郎(あさけのいらつこ)を征討したこと,(3)継体天皇9年2月,物部至至(ちち)連が百済に遣わされ水軍500を率いて帯沙江(たさのえ)に至ったこと,(4)継体天皇22年11月,大将軍の物部大連麁鹿火(あらかび)が筑紫国造磐井と交戦して平定したこと,などがある。…

※「物部守屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

物部守屋の関連キーワード用明天皇中臣勝海穴穂部皇子崇峻天皇用明天皇崇峻天皇用明天皇開かずの踏切住宅ローン控除制度フェラーリ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物部守屋の関連情報