コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退吹 おめりぶき

1件 の用語解説(退吹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

退吹
おめりぶき

雅楽用語。笙・篳篥 (ひちりき) では各調の調子の演奏に,竜笛 (りゅうてき) ・高麗笛 (こまぶえ) は品玄入調乱声 (らんじょう) の演奏に用いる無定拍節の奏法。各管主奏者の吹き出しに従って,複数の助奏者は前奏者の旋律 (メグリ) を意識しながら,少しずつ遅れて追奏する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の退吹の言及

【調子】より

…合奏されたものもやはり《調子》というが,竜笛が〈音取(ねとり)〉のみ吹く簡略な形を《調子笙三句》,竜笛が音取につづけて〈品玄(ぼんげん)〉という旋律を吹く本格的な形を《調子品玄》などと称する。笙と篳篥,および竜笛の〈品玄〉は,それぞれの楽器ごとに複数の声部に分かれて,時間的に少しずつずらせて吹く退吹(おめりぶき)という特徴的な吹き方をする。また竜笛が〈入調(にゆうぢよう)〉という旋律を吹き,かつ笙,篳篥,竜笛の3管がいっせいに退吹を開始する《調子入調》という形もある。…

【乱声】より

…いずれの場合も,竜笛(りゆうてき)あるいは高麗(こま)笛が奏する無拍節的な曲で,太鼓と鉦鼓(しようこ)が大まかに打たれる。音頭(おんど)がはじめに笛を独奏し,付所(つけどころ)から助管(じよかん)という助奏者が最初と同じ旋律を追いかけて吹く退吹(おめりぶき)の奏法をする。同じ旋律が重なり合っておもしろく,各自奏者たちが勝手に吹いているように聞こえるが,奏法には一定の規定がある。…

※「退吹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

退吹の関連キーワード吉備楽篳篥大篳篥三管吹物安倍季康東儀兼亮和邇部用枝管方觱篥

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone