コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱声 らんじょう

5件 の用語解説(乱声の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乱声
らんじょう

雅楽の曲名。竜笛 (りゅうてき) あるいは高麗笛 (こまぶえ) を主体として,それに打楽器 (太鼓,鉦鼓) が加わって奏する前奏曲および後奏曲の類。これに篳篥 (ひちりき) や笙が加わって奏する「調子」に対する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らん‐じょう〔‐ジヤウ〕【乱声】

雅楽の笛の曲。舞人の登場のときなどに太鼓・鉦鼓(しょうこ)と合奏する。新楽乱声・古楽乱声・小乱声・高麗(こま)乱声・高麗小乱声などがある。
鉦(かね)・太鼓を打ち鳴らしてときの声をあげること。
「つねに太鼓をうって―をす」〈平家・九〉

らん‐ぞう〔‐ザウ〕【乱声】

らんじょう(乱声)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らんじょう【乱声】

雅楽,とくに舞楽の前奏曲の一種。乱詞(らんじ)ともいう。独立した楽曲ではなく,舞人が登場する前の導入曲,あるいは登場の音楽として用いられる。いずれの場合も,竜笛(りゆうてき)あるいは高麗(こま)笛が奏する無拍節的な曲で,太鼓と鉦鼓(しようこ)が大まか打たれる音頭(おんど)がはじめに笛を独奏し,付所(つけどころ)から助管(じよかん)という助奏者が最初と同じ旋律を追いかけて吹く退吹(おめりぶき)の奏法をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

らんじょう【乱声】

舞楽の前奏曲・登場楽の一類。竜笛りゆうてきまたは高麗笛こまぶえ・太鼓・鉦鼓しようこで奏する。小乱声こらんじよう・新楽乱声・古楽乱声・高麗小乱声・高麗乱声など。小乱声を除いて、笛の追吹おいぶき・退吹おめりぶき(数人が同旋律を少しずつずらして吹奏)が用いられ、にぎやかにはやし立てる感じがある。競馬くらべうまなどの勝負の節会せちえの祝勝の奏曲にも用いられた。
かねや太鼓を打ち鳴らしてときの声をあげること。 「常に太鼓をうて-をす/平家 9

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の乱声の言及

【古楽】より

…古楽はトレモロ奏法を用いないので,様式上の区別がつく。また乱声(らんじよう)という様式の曲があり,これに新楽乱声と古楽乱声がある。かつては新楽乱声と古楽乱声を対比的に用いた例もあるが,現在では新楽乱声は《振鉾(えんぷ)》という儀式開始の舞楽に用いられ,古楽乱声は林邑楽系の舞楽の登場曲に使われている。…

【舞楽】より

…舞楽では中心となる舞曲(当曲(とうきよく)という)のほかに必ず舞人の登・退場のための音楽を必要とし,このほか曲によっては序奏や間奏曲,あるいは当曲自体が数楽章に分かれるものなどいろいろあるが,これらの楽章と,舞人の登・退場,演舞の関係が唐楽と高麗楽とでは異なる。唐楽では当曲の前後に,これとは別個の調子の品玄(ぼんげん)・入調(にゆうぢよう),各種の乱声(らんじよう),乱序(らんじよ),道行(みちゆき)などの登・退場楽をもつものがほとんどであるのに対し,高麗楽では《高麗乱声(こまらんじよう)》という登場楽をもつものが数曲ある以外は,ほとんどの曲が当曲の間に登場,演舞,退場するという簡素化された形をもつ。その代り,舞人が楽屋にいる間に奏される序奏曲に関しては,高麗楽ではほとんどの曲が各種の音取(ねとり),小乱声(こらんじよう),納序(のうじよ),古弾(こたん)などの序奏をもつのに対し,唐楽では序奏をもつものは数例にすぎない。…

※「乱声」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

乱声の関連キーワード松柏チェリー花菱舞・儛氷舞/新宿鮫 VI輪舞/恋と死のゲーム舞-乙HiME舞-HiME舞木町舞(銅鐸)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone