高麗笛(読み)こまぶえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高麗笛
こまぶえ

日本の雅楽気鳴楽器高麗楽(狛楽)に用いる竹製の横笛狛笛とも書く。別名伎横(くれのよこぶえ),細笛(ほそぶえ)。全長約 36cm。6指孔。孔名は低いほうから,干(かん),五(ご),上(じょう),夕(しゃく),中(ちゅう),六(ろく)。音域は,嬰ニからその 2オクターブ上のホまでであるが,筒音の嬰ニは用いない。竜笛に似ているが,より細く短く,指使いは同じで音高がそれぞれ長2度高い。音色はより優美繊細で哀調を含む。東遊にも用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こま‐ぶえ【高麗笛/×狛笛】

雅楽に用いる楽器の一つで、竹製の横笛。長さ約36センチ、内径約1センチ。指孔6個で、鋭く高い音を出す。高麗楽や東遊(あずまあそ)びに用いる。細笛(ほそぶえ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高麗笛
こまぶえ

雅楽のうち、高麗楽(こまがく)(右方(うほう))および東遊(あずまあそび)に用いる横笛。「狛(こま)笛」「細(ほそ)笛」ともいい、全長約36.5センチメートル、直径約0.9センチメートル、雅楽の3種の笛のうちもっとも細く短い。頭端は右方の楽を示す緑の錦(にしき)で包まれる。指孔は神楽(かぐら)笛と同じく6孔で、管尾から干(かん)・五(ご)(じょう)・夕(しゃく)・中(ちゅう)・六(ろく)と称す。音高は神楽笛より長3度、竜笛(りゅうてき)より長2度高い。柔らかな低音域の「和(ふくら)」の音と、それよりオクターブ高い「責(せめ)」の鋭い音とがあり、篳篥(ひちりき)とほぼ同じ旋律を装飾音を混じえて奏す。元来は百済(くだら)楽の笛で、楢(なら)笛と称して奈良の楽人(狛姓の帰化人)に使われていたものを、鳥羽(とば)天皇(在位1107~23)のころこれを大きくした太笛(いまの神楽笛)がつくられたのと区別して、細笛、狛笛と称するようになったという。[橋本曜子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android