コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜笛 りゅうてき

6件 の用語解説(竜笛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜笛
りゅうてき

日本の気鳴楽器。雅楽の唐楽,催馬楽 (さいばら) ,朗詠のほか,伝統歌舞にも用いられる。一般に竹製で,湿度の変化による管の割れを防ぐため,管の表面を桜皮などを細く切った紐で堅く巻き,その上を漆で固めてある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐てき【竜笛】

雅楽用の竹製の横笛。長さ約40センチ、内径約1.3センチ、指孔7個で、大きさ・音色とも神楽笛高麗笛(こまぶえ)の中間。唐楽催馬楽(さいばら)などに用いる。横笛(おうてき)。りょうてき。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

竜笛【りゅうてき】

雅楽の唐楽(とうがく)で用いる管楽器。横笛(おうてき)とも。全長約40cm。7孔の横吹きの楽器で,雅楽で単に〈ふえ〉というと,これをさす。舞楽管弦においては,常にこの竜笛の音頭の独奏から始まる。
→関連項目能管

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうてき【竜笛】

竹製の横笛の一種。横笛(おうてき)ともいってこれを〈やうでう(ようじょう)〉と読むことがあり,竜吟,竜鳴とも呼ばれた。雅楽の唐楽(とうがく)や催馬楽(さいばら),朗詠,久米歌などで用いる。長さ約40cmで歌口は1,指孔7。歌口より頭寄りに鉛のおもりを入れ,蠟でふさぐ。頭端に赤地錦を張ったものが多い。管内に漆を塗り,外部には歌口,指孔,節を除く部分に籐巻(とうまき)または樺巻(かばまき)を施す。同じ指遣いでも,息の強さと歌口面の傾け方によって低音(和(ふくら))と第2倍音列の中音(責(せめ))が吹き分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうてき【竜笛】

雅楽の横笛の一。主に唐楽に用いられる。竹管に樺巻かばまきを施して作り、七個の指孔がある。太さと長さ(音高も)は神楽笛かぐらぶえと高麗笛こまぶえの中間。横笛おうてき・ようじよう。竜鳴りゆうめい。竜吟りゆうぎん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜笛
りゅうてき

雅楽の代表的な笛。横笛(おうてき)、主笛(おもぶえ)ともいわれる。左方唐楽で篳篥(ひちりき)とともに主旋律を奏し、右方高麗(こま)楽の高麗笛(こまぶえ)と対をなすが、催馬楽(さいばら)、朗詠(ろうえい)や神道(しんとう)系の大直日歌(おおなおびのうた)、倭歌(やまとうた)、大歌(おおうた)、久米歌(くめうた)の伴奏(付物(つけもの))にも用いる。竹製で、全長約40センチメートル、外径約2.5センチメートル。指孔は7孔で管尾から冫(じ)(次)・干(かん)・五(ご)・亠(じょう)・夕(しゃく)・中(ちゅう)・六(ろく)(冫は丁(げ)ともいい6孔の高麗笛や神楽(かぐら)笛にはない)。約2オクターブの広い音域をもち、同じ指孔で鳴る低い音を「和(ふくら)」、高い音を「責(せめ)」といって区別する。旋律はトラロルロなどという口唱歌(くちしょうが)で覚え、責の輝かしい音色を用いた「かけ吹き」や「由(ゆり)」などの装飾的な音型がある。中国の伝説では西域(せいいき)の羌人(きょうじん)が竜の声を模してつくったとされ、「羌笛(きょうてき)」「竜鳴」「竜吟」ともいう。日本では平安前期の雅楽家尾張浜主(おわりのはまぬし)を竜笛の祖とする。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の竜笛の言及

【横笛】より

…(1)雅楽の楽器名。竜笛(りゆうてき)ともいい,その項目を参照されたい。(2)歌舞伎陰囃子(かげばやし)の曲名。…

【唱歌】より

…唱歌は,それだけで楽器音のすべての要素を直接的に表示するものではないが,一般に,奏法,あるいはリズム,音色,さらにはまとまった旋律の型などといったものと密接に結びついた形で,ある程度固定しているため,声を出してそれを歌うと,きわめて正確に楽器の音として相手に伝達することができ,紙に書かれた唱歌からも,かなり多くの要素を読み取ることができる。たとえば雅楽の篳篥(ひちりき)や竜笛(りゆうてき)では,フレーズの冒頭はタ行の音で開始され,ハ行音で〈打ツ〉という技巧を示すという原則があるとか,高音にイ段,低音あるいは短い音にウ段の音を用いる傾向が強いなどということから,たとえば〈テーラーロリトロル〉〈トーリヒリラ〉という唱歌によって,旋律や指づかいはほぼ完全に確定する。能管でも,〈オヒャーラー〉などというフレーズの形にまとまれば,旋律がきまってくる。…

【笛】より

…しかし日本では,それらのなかでもいわゆる横笛の類が多用され,とくに親しまれてきたため,笛といえば横笛のことという観念もまた強い。 横笛とは竜笛(りゆうてき),能管篠笛等々を指す俗称で,演奏時の構えに由来する呼び方であるが,原理的・構造的にも共通性があり,和楽器以外(たとえば洋楽のフルート)にも適用が可能である。その発音機構には目で見る限り,音づくりのきっかけをつくる振動体であるリードの存在が認められない(このことを指してノンリードなどともいう)。…

※「竜笛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竜笛の関連キーワード長野横笛青葉神楽笛バンスリ唐笛胡竹清笛長野横笛(初代)長野横笛(2代)高麗笛∥狛笛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜笛の関連情報