逆写像(読み)ぎゃくしゃぞう

精選版 日本国語大辞典「逆写像」の解説

ぎゃく‐しゃぞう ‥シャザウ【逆写像】

〘名〙 全単射からつくり出される写像一種。写像 f:A→B が全単射のとき、Bの各要素bに f(a)=b となるようなaを対応させる写像 ɡ:B→A をfに対していう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「逆写像」の解説

ぎゃく‐しゃぞう〔‐シヤザウ〕【逆写像】

数学で、集合Mから集合Nへの写像fMの要素xに対してNの要素yが対応するとき、yに対してxを対応させた写像。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の逆写像の言及

【写像】より

…すなわち,集合A,B,C,Dと,写像fAB,gBC,hCDにおいて,(hg)◦fh◦(gf)。
[逆写像]
 写像fABに対し,fの逆対応f-1,つまり,Bの元bbの原像f-1(b)を定める対応が,写像になるとは限らない。f-1が写像となるための必要十分条件は,fが全単射であることで,そのとき,f-1BからAへの全単射,かつ,f-1f=1A,ff-1=1B,(f-1)-1fが成り立つ。…

※「逆写像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android