コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆断層型 ギャクダンソウガタ

デジタル大辞泉の解説

ぎゃくだんそう‐がた【逆断層型】

地震の種類の一。地殻を水平方向に圧縮する力が働き、断層がずれることによって起こる。乗り上げている側の岩盤(上盤)が上昇する。→正断層型横ずれ断層型

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

逆断層型の関連キーワード宮城県沖の地震(2005年8月の)アウターライズ地震昭和三陸地震津波北海道東方沖地震プレート境界地震新潟県中越沖地震新潟県中越地震能登半島地震東日本大震災アラスカ地震十勝沖地震

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆断層型の関連情報