逆電流(読み)ぎゃくでんりゅう(英語表記)reverse current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆電流
ぎゃくでんりゅう
reverse current

整流作用をもつ素子に逆方向の電圧を加えたとき流れる電流。順方向電流に比べてはるかに小さく,真空管では普通は問題にならない。半導体素子ではわずかであるが逆電流が流れ,不純物濃度や温度によって変る。逆電圧がある程度以上大きくなると,ツェナー現象やなだれ現象が起り,逆電流が急に大きくなる。定電圧ダイオードはこれを利用したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android