コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆電流 ぎゃくでんりゅうreverse current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆電流
ぎゃくでんりゅう
reverse current

整流作用をもつ素子に逆方向の電圧を加えたとき流れる電流。順方向電流に比べてはるかに小さく,真空管では普通は問題にならない。半導体素子ではわずかであるが逆電流が流れ,不純物濃度や温度によって変る。逆電圧がある程度以上大きくなると,ツェナー現象やなだれ現象が起り,逆電流が急に大きくなる。定電圧ダイオードはこれを利用したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

逆電流の関連キーワードサイリスタ遮断器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android