逐次安定度定数(読み)チクジアンテイドテイスウ

化学辞典 第2版「逐次安定度定数」の解説

逐次安定度定数
チクジアンテイドテイスウ
stepwise stability constant

逐次生成定数,逐次平衡定数ともいう.溶液中金属イオン単座配位子金属錯体を形成するが,このとき単座配位子が1個配位したものからN個配位したものまで生成し,N個の平衡が成り立っている.N配位子によって,また金属イオンによって変化し,たとえば Co2+ では配位子が Cl のとき4で,NH3のとき6である.一般には,次のN個の平衡が成り立っている.

       M + L    = ML

       ML + L   = ML2

           

       MLN-1 + L   = MLN

各平衡を表す平衡定数は,[ ]でそれぞれの化学種の濃度を表すと,

で,これを逐次安定度定数という.一組の Ki は配位子の濃度変化に伴って,存在する化学種を推定するのに用いられる.一般には,Kiiが1のときがもっとも大きく,順次小さくなる.[別用語参照]全安定度定数

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android